タクシー求人に応募!|充実できてガッツリ稼げて働ける環境あり!

ワーク

良質ドラッグを訪問営業

案内

求人サイトや職安の求人検索画面で、比較的よく見かけるワードがあります。それは、MRです。大体は、製薬会社の募集要項によく出てきます。MRって何の略なのかさっぱり分からない人もいるでしょう。確かに、求人表に略語っぽく書かれると一体どのような仕事なのか、皆目検討つきにくいものです。MRとは、メディカル・リプレゼンタティブの略称です。MがメディカルでRがリプレゼンタティブを表します。メディカルと出た時点で、医療関係の仕事であることは明白です。とは言え、医療関係といっても、病院で使用する薬の訪問営業をするのが仕事です。なので、医師免許的なものを必要としないので、安心して転職して下さい。あくまで製薬会社が病院へ良い薬を販売する為の営業と思って下さい。
仮に、MRへの転職が成功して働く場合は、ある程度自由があるものです。なぜなら、MRで製薬会社に勤務することになったら、ほぼ1日中会社の外に出ているからです。ほぼオフィス内にとどまらないと思って下さい。なんせ、居住地域内にある病院に薬の営業で回るからです。そうなると、ある程度、自由に行動出来るでしょう。オフィスにいない分、数多くの薬の営業をしてノルマを達成する必要がありますが、お昼は何処で食べようが、好きな時間を選んで休憩しようが行動自体は自由となっています。自由度が高いですが、MRの転職に向いている人とそうでない人に分かれてしまいます。自己管理や人間関係構築能力、そして医療への知識や学習意欲が無ければMRの仕事をするのは難しいものです。もし、MR職の人物像に当てはまってると自覚したら、MRの転職をしてみましょう。